整体学校と私の記録P14

夫と久しぶりのデート?

夫と「健友館」に出かけることに決まってから、とても気分がうきうきしている自分に気づきました。これまで食事すら一緒に出掛ける事なんてなかったのに、、、これまでは特に一緒にどこかへ行きたいという思いもなかったのに、何だかとても不思議です。これまでは岩盤浴の予約は取らずに行っていましたが、夫と一緒だからそうはいきません。「健友館」に電話しました。私は苗字だけを伝えたのですが、スタッフの方は「いつも有難うございます、いつもの岩盤浴で宜しかったですか?」と2度しか行っていない私をちゃんと覚えてくれていました。夫は整体で私は岩盤浴の予約をお願いすると、「健友館」のスタッフは、「ご夫婦でよろしいですね・・スタッフ一同お待ちしております!当日はお気をつけていらしてください!」とても気持ちの良いスタッフの方で、出かける土曜日が待ち遠しくなってきました。

整体学校と私の記録P13

変化

 

何に挑戦するかを考えてから2週間ほどが過ぎ、勝手に一人で焦っていることに気付きました。そもそも簡単に商売をするなんて甘すぎるし、何をしようか考えている時点で間違っていると思いました。とにかく焦るのは禁物、先ずは今を少しずつ変えていけば良いと思い直しました。肝心な日々の生活と言えば、少しずつ完璧すぎる家事を改め、食事の内容も少しずつ変えれるようになりました。夫の頭痛は相変わらず変わりなしでしたが、何故か少し夫婦の会話が増えました。食事でこれまで特に言われたことがない「これおいしいな」という言葉がよく聞けるようになりました。正直、嬉しいですね。私は夫に岩盤浴に行った話をしました。夫は「そんなに安いんだー、いいね」と言ってくれました。夫は、整体院の方に行ってみると言い出し、夫の休みの日に一緒に健友館に行くことになりました。夫婦で一緒に出掛けるなんて何年ぶりなのかも思い出せませんでした。

整体学校と私の記録P12

<岩盤浴2日目>

翌日、私の家事に対する時間が各段と減りました。1度、岩盤浴に行っただけなのに、私にとっては、長年の習慣を簡単に変えられそうな気持ちになりました。夫は変わらず、頭痛に苦しんでいる表情で、いつもと全く違う朝食にも気づかない様子でした。ご飯とお漬物と、おかずは卵焼きだけでしたが、何も言わずにいつもの様に食べていました。そんな夫を見ながら、私はこれまでの時間を取り戻そうと強く決心しました。夫を送り出して、さてこれから何をしようと考えてみるも、特に何のアイデアも出ずにいたと思います。今日も岩盤浴に行くことにしました。2日も続けていくことへの躊躇いはありましたが、そんな思いは何故かすぐにふっきれてしまてました。2回目の岩盤欲もやはり気持ちよかったです。私はこれからのことをゆっくり考えました。リラックスしながら落ち着いて考えれたようにも思います。これまでは専業主婦で過ごしていましたが、何か仕事をしてみようと決心しました。何ができる訳ではありませんが、自分で何か商売をしてみたいと思い立ちました。素人の浅はかな考えでしょうが、私にとっては真剣です。夫に迷惑を掛けずに、自分に出来る事ってなんだろう・・・直ぐには答えはでませんでした。これから何に挑戦するのかをじっくりと検討することにしました。

整体学校と私の記録P11

<初の岩盤浴>

初の岩盤浴は「気持ちいい!!!」の一言です。体の内側から温まるのを実感したと思ったら大量の汗が噴き出てきました。体の悪いものがどんどん外に流れ出ていく感じがたまりませんでした。サウナとは全く違う感じだと思います。体にとても優しい感じでした。料金は2時間1500円位だったと思います。タオルも浴衣もサービスで貸出していてとてもお値打ちでした。設備はとても清潔で心地よく過ごせます。エステサロンに行くより絶対良い選択だったと、自分で自分を誉めたり・・・。この嬉しい感じを、夫に伝えたい気もちもありましたが、やっぱりどこか後ろめたくてか、その日は何も言えませんでした。私はいつもより簡単に家事をこなして、少し早めに寝室に向かいました。体が温かい感じがほんのり残っているような心地よさを感じながら、いつになくグッスリ眠ることができました。岩盤浴に行っただけですが、私の中で何かが変わったのは間違いないと思います。

 

整体学校と私の記録P10

<自分の時間>

夫をいつも通り見送って、掃除・洗濯を終えた私は、思い切って岩盤浴に出かけることにしました。毎日の買物で往復する際に見かけていた「健友館」という整体院が気になっていたので、行き先を迷うことはありませんでした。夫のためと長年勝手に努力した自分へのご褒美に・・・なんて誰に言い訳するわけではないのに、自分が贅沢することはやはり後ろめたい気分になりました。

「健友館」に入ると、爽やかな男性スタッフが迎えてくれました。整体院への私の勝手なイメージとは少し違っていて、とても明るく感じよい空間でした。

岩盤浴のスペースには女性スタッフのみが優しく対応してくれました。予約もせずに訪れた私を皆が快く迎え入れてくれました。とても清潔で高級感もあり、岩盤浴をする前から気分がとても良くなりました。とてもワクワクドキドキした自分を抑えながら、ここに来てよかったと思いました。こんな気持ちになったのも何年ぶりなのか数えることもできませんでした。たかが岩盤浴に来たぐらいで子供のように喜んでいる自分が面白くも感じ、単調に過ごしていた毎日を何だか取り戻せる?なんて気にもなっている自分もいたりして・・・。

整体学校と私の記録P9 

<気持ちの変化>

寝ずに考えた結果、特に良い案はでませんでしたが、少しずつでも夫の体に良いと勝手に思ってやっている過剰なことを減らそうと思いました。良かれと思って23年も続けていたことは、本来の目的だった夫の頭痛の改善には全く繋がっていなかったことに改めて気づかされました。私の時間も無駄に費やしたことになります。食事も掃除も一般的にやっていこうと決めました。そして空いた自分の時間は、何か自分のために使おうとも思いました。何に時間を使っていいのかはなかなか答えがでませんでしたが、とりあえず何だか急に体の疲れを感じたので、前から少し気になっていた岩盤浴に翌日早速出かけることにしました。

ただ、長年の習慣というのは簡単に治せないのか、翌日はいつもとほぼ変わらない一日を過ごしてしまいながら、なんだか自分に呆れて笑ってしまいました。

整体学校と私の記録 P8

<初めての夫婦喧嘩-2>

夫はいつもと同じ時刻に帰宅した。

「ただいま帰りました」・・・

私もいつもと何も変わらず、「お帰れなさい」と。

また同じ様に、「あー頭いたー」と夫は同じセリフからから始まります。そしていつもの様に、直ぐに着替えて頭痛薬を飲みソファに横になり、15分程目を瞑って、私が作った夜ご飯をもくもくと食べます。

食事の途中に、「お誕生日おめでとう」と声を掛けました。夫は「うん」と答えるだけでした。食事もいつもと変わらずの内容で、特にケーキの用意もしませんでした。食事が終わりなんだか夫が苛立っていることが私に伝わってきました。「あー頭いたー」と繰り返している夫に、「また頭痛か・・・」と私は頭の中で呟いていたと思います。そのうち夫は「誕生日なのに、いつもと変わらないつまらない食事で気分が悪い・・・」などと怒りだしました。私は何を言われているのか分かっているのに、分からないような変な状態になりました。何だかとても腹がたって、嫌なことをたくさん言い返してしまいました。夫は私の嫌な言葉を黙って聞き、「ごめん」とだけ言って寝室に行ってしまいました。

初めての喧嘩でした。「こんなに一生懸命やっているのに。。。」と心で思った瞬間、おしつけの単なる自己満足だったことに私は気付きました。23年間ものおしつけだったのです。

私はその夜眠れずに考え続けました。

整体科 通信教育

私は通信教育を選択して、2ヶ月前に無事卒業をいたしました。実技指導教室は東京で受けました。とてもとても丁寧なご指導をいただいたおかげで、覚えの良くない私でも無理なく卒業の日を迎えることが出来ました。母の介護に役立てばと思い、受講を決意しました。健友館さんを知ったのはホームページです。通信教育で本当に技術を習得できるのかとても不安な気持ちでしたが、教材もとても分かりやすかったですし、とても感謝しております。高齢の母が私の施術をとても楽しみにしているので、大きな親孝行に繋がったと思っております。母の介護を終える日が来たなら、開業もしたいと少し考えてもおります。でも今は精一杯母の介護を頑張っていきます。

小顔・整顔コース

私は自身の美容のために健友館の「小顔・整顔コース」を受講しました。実は5年程前にも名古屋で同じようなコースを受講したことがあります。名古屋の学校は、古びた雑居ビルの貸会議室での受講になりました。受講料は健友館の約1.5倍位だったと思います。講師一人に対して40人程度の定員でしたね。講師はテキストを読み上げ、受講生同士で施術しあう様なスタイルでした。結局2度だけ講義を受けて行かなくなってしまいました。その後金沢に引越し、夫の同僚の奥さんに誘われて健友館の岩盤浴に行ったのがきっかけになりました。先ずは設備が清潔で、スタッフがすごく感じ良い印象を受けました。そのうち、整体学校や美容学校をやっていることを知り、再度挑戦することになったのです。とにかく親切で丁寧。分かりやすいし、楽しく受講することができました。無事に達成することが出来てとても満足しています。元がぱっとしない顔なので何とも言えませんが、リンパの流れが良くなり、肌年齢は同年代の方と比べると各段と若いですね。私は専業主婦なので、せっかく身に着けた技術をお仕事にすることはできませんが、義理の母にサービスしています。お陰様で、良いお嫁さんだと義母に感謝されています。今度の目標は、リンパ整体コースを受講する予定です。夫の夏のボーナスで行かせてもらえるので、とても楽しみです。健友館は良い学校です。本当に有難うございました。夫のホーナスができましたら、又お世話になります。宜しくお願いします。

金沢市/M・K様より

整体学校と私の記録 P7

<初めての夫婦喧嘩-1>

その日は夫の誕生日でした。数日前から私は夫に「プレゼント何かいい?」と聞いていましたが、夫は「何もいらないよ」といつも通りの返答だった。私はしつこく「外食でもする?」と聞くと、「いいよ」との返事でした。例年、洋服や時計等をプレゼントしていましたが、今回は欲しいものをプレゼントしたいと思い、改めて確認したのが原因になってしまった。夫は、「ほんとに何もいらないから用意しなくていいよ」とまで言った。私は多少悩みながらも、プレゼントは用意しないことにした。誕生日当日の朝、私は夫に「やっぱりどこかで食事しない?」と声を掛けた。夫は「いいよ、いつも通りで」とやっぱり断られてしまった。夫は本当に何のお祝いも望んでいないんだ!と私は確信した。夫は会社に出かけていった。